住みたい街ランキングから見る注目すべき街の条件🌃①

 

横浜エリアで中古マンション+リフォームをご提供しているリフォーム不動産|横濱studioです。

2018年に住みたい街ランキングで恵比寿駅や吉祥寺駅をおさえ堂々の1位になった横浜駅が、2019年も2年連続での首位となりました✨
今回は『住みたい街ランキング』から見るこれから注目したい街の条件と横浜の不動産の資産価値についてのレポートです。

 

家を買うなら考慮したい資産価値。
街選びが最初のポイント!
従来の不動産と言えば終の棲家。
35年ローンを組んだら完済までそこに住み続ける、マイホームってそんなイメージ。

今後は働き方やライフスタイルに応じてマイホームも柔軟に選び、住み替え・買い替えをしていく事が一般的になる可能性があります。
その場合、資産として活用出来る家である事が望ましいですよね。

その為にはまずどこに住まいを求めるのがいいんだろう?

 

にぎわう街と衰退する街の違い。
買った家の資産価値を保つには、住みたい人が多い街である事が欠かせない条件の一つ。
住みたい街ランキングの順位を見ると、そのヒントが伺えました。

常に上位を占めるのは‥
①おしゃれな街
②再開発が行われている街
③郊外の中核都市
④穴場な街

上記のような街なら人も集まり、持ち家としても資産価値も落ちにくくなります。
人生のシフトチェンジに応じて住まいを活用する為の選択肢も広がりますね。

 

次回は横浜市内で①~④に該当する街をレポートします。

 

 

Translate »